読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きったんのぶろぐ

大阪在住の会社員(30代)が書くブログです。

市立枚方宿鍵屋資料館の雛人形

市立枚方宿鍵屋資料館に先日行ってきたのですが、そこで雛人形が飾られていました。

 

kittan.hatenablog.com

 雛人形は早く仕舞わないと嫁にいけないと聞きますが、こちらは資料館なのでひな祭りが過ぎてもいいんでしょうか?

f:id:kittan0509:20170313125534j:image

定番の雛人形ですが、人形だけでなく嫁入り道具(?)も精巧な作りでした。

 

そして、2階に上がりますと、和紙で作られた雛人形や江戸時代の鍵屋の様子を再現した人形が飾られていました。

f:id:kittan0509:20170313125546j:image

f:id:kittan0509:20170313125618j:image

f:id:kittan0509:20170313125635j:image

f:id:kittan0509:20170313125721j:image

f:id:kittan0509:20170313125649j:imagef:id:kittan0509:20170313125707j:imagef:id:kittan0509:20170313125741j:imagef:id:kittan0509:20170313125754j:image

 和紙で作られているそうですが、紙人形とは思えない精巧な作りでした。

 

雛人形ってことなので、次に展示されるのは来年の春頃になるかと思いますが、一見の価値ありです。

 

以上、鍵屋資料館見物の追加記事でした。

GET WILD SONG MAFIA

 先日書きました、TM NETWORKのタイトルが(仮)状態であったGET WILD30周年記念アルバムですが、GET WILD SONG MAFIAというタイトルに決まったようです。

kittan.hatenablog.com

 曲数も(仮)の時は33曲だったのですが、3曲増えて36曲。CDの枚数も3枚組から4枚組になったそうです。

 

ただ、収録アレンジについては、すべて発表されておらず、追加の3曲もどのようなものなのか現時点では全く不明です。

 

TM NETWORKはベストアルバムも多々あり、ファンの中には「またベストアルバムか!?」って意見もあると思いますが、30年愛されてきた代表曲であり、かつ、30年間進化し続けてきた曲をすべて網羅されているので、これはこれでアリなんじゃないかと思います。

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

 

 

 

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX(INSTRUMENTAL)

GET WILD 2017 TK REMIX(INSTRUMENTAL)

 

以上、TM NETWORKGET WILD30周年記念アルバム、GET WILD SONG MAFIAの続報でした。

市立枚方宿鍵屋資料館 

先週の11日の土曜日。

翌日に淀川河川敷で開催される淀川寛平マラソンのエントリーのために枚方まで行ってきまして、その帰りに市立枚方宿鍵屋資料館に立ち寄ってみました。

f:id:kittan0509:20170311214955j:image

この鍵屋資料館とは、江戸時代に京街道の宿場町であった枚方宿にあった鍵屋という船待ち宿を歴史資料館としたそうです。f:id:kittan0509:20170311215234j:image

門を入ってすぐに上記写真のような説明書きがあります。

 

枚方宿は街道の宿場町って要素だけでなく、淀川を使った水運の要所にもなっており、中継港として栄えていたので、鍵屋のような船待ち宿もできたようです。

 

鍵屋は、その後に料亭・料理旅館として平成9年まで営業されており、閉館後に主屋の解体・復元を行なって、別棟とともに平成13年に市立枚方宿鍵屋資料館としてオープンしたそうです。

 

主屋は、文化8年(1811年)建築の町家であり、歴史的建造物として枚方市の湯啓文化財に、敷地は史跡に指定されています。

以下が主屋の写真です。

f:id:kittan0509:20170311215035j:image

主屋の間取りと説明です。通り庭、土間には入れますが、座敷の上には上がることはできません。

f:id:kittan0509:20170311215057j:image

梁も立派です。上の開いているところは煙が抜けるところでしょうか?

f:id:kittan0509:20170311215117j:image

竃がありますが、それほど大きくありません。主屋自体がそれほど大きくないので、この大きさでも十分だったのでしょう。

f:id:kittan0509:20170311215130j:image

江戸の旅人が立っています。

 

次に別棟です。こちらの方が資料館になっていまして、様々なものが展示されています。

入館料が別棟は大人200円、小・中学生100円必要です。主屋だけなら無料です。

入口の左側に床下へ下りるような階段があります。

これは別棟の資料館に入るとなんなのか分かります。

f:id:kittan0509:20170311215148j:image

くらわんか舟f:id:kittan0509:20170313125408j:image

淀川に今のような堤防ができるまで、鍵屋の別棟裏から直に淀川へ通じていたそうです。

入口横の階段はその舟のドッグへ通じる階段だったようです。

川沿いの船宿って感じですね。

くらわんか舟とは、淀川を行き交う三十石船などの船客相手に「餅くらわんか、酒くらわんか」と乱暴な言葉で飲食物を売りに来る枚方宿の名物だったようです。

ごぼう汁とか餅、お茶などを売っていたのですが、その際の器が今でも淀川の川底から見つかることがあるそうです。

飲み食いの料金をごまかすのに捨てたという説もあるようですが、川でのやり取りなので川に落としてしまったものや、飲み食いした後の器をそのまま川に捨てたってこともあったのでしょう。

 

鍵屋資料館にはそのほかにも周辺であっ靴された江戸時代の陶器や江戸時代の宿場町の様子などが展示されており、江戸時代の宿場町の様子を学ぶのにいい場所でした。

 

入館料も安いので、春休みに親子で河川敷で遊んで、そのついでに見学に行ってみたらいいかと思います。

また、枚方公園駅から枚方市駅までの京街道沿いは、景観整備もされているのか宿場町って感じの統一感もあり、町家風のカフェ・ギャラリーなどもありましたので、ぶらりと散策するのにもいいかと思います。

 

京阪本線枚方公園駅下車5分

駐車場はありませんが、周辺にコインパーキングが結構あります。

河川敷の駐車場に駐めても大丈夫。

休館日:火曜日

 

その他詳細は、鍵屋資料館のウェブサイトへ

市立枚方宿鍵屋資料館|NPO法人枚方文化観光協会・指定管理

 

以上、先週末に見学した市立枚方宿鍵屋資料館の紹介でした。

GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)

 

小室哲哉宇都宮隆木根尚登による3人組音楽ユニットTM NETWORK

 

このTM NETWORKの代表曲といえば、一般的にはシティーハンターのエンディングテーマだったGET WILDでしょう。

 

そのGET WILDが最初のバージョンが発売から30周年を迎えるにあたって、30年の間に発表された数々のバージョン、リミックス、計33曲収録したアルバムが4月5日に発売されます。

youtu.be

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

 

 

 常に進化系

長年活動しているバンドでは、過去の楽曲をアレンジなく演奏している場合や、ボーカルの声域が加齢とともに狭まったり、低くなってコードやBMP(テンポ)を下げたバージョンを歌っている場合が多々あります。

 

ただ、TM NETWORKの場合は、常にその演奏時にリーダー、プロデューサーの小室哲哉が「この時代はこの音だ」と感じているアレンジをしており、過去の楽曲でも最新版にブラッシュアップされています。

 

特にGET WILDはライブでも定番の曲ですが、ツアーごとにどんどんアレンジがされており、一体どれぐらいあるのか熱心なファンでも把握しきれない状態です。

 

そのアレンジされた33曲(石野卓球によるRemixも含む)を集めたアルバムなので、発売が楽しみです。

数々のGET WILD

GetWildとは

作曲は小室哲哉。これは周知のとおりでしょう。

そして、作詞は小室みつ子

苗字は同じ小室ですが、小室哲哉とは血縁も婚姻関係もありません。

たまたま苗字が同じで、TMのデビュー時期に作詞家・シンガーソングライターとして紹介を受け、その後に発表された数々の代表曲の作詞を手がけています。

名盤「CAROL」の制作時には、ロンドンへ移住して制作していたメンバーたちとともにロンドンへ行って制作しており、TMには欠かせないサポートメンバーの一人です。

先述のとおり、一般的には一番知名度があり、最もアレンジ数の多い曲です。

シティーハンターといえば、GET WIID

 TM NETWORKといえばGET WILD

といった感じでしょう。

Get Wild(1987年)

 

Get Wild

Get Wild

Get Wild

Get Wild

 1987年に発売された最初のバージョンです。

シティーハンターのエンディングで一番お馴染みのものでしょう。

 カラオケなどでも一番歌いやすいバージョンだと思います。

要は、一番シンプルなアレンジ。

GET WILD '89(1989年) 

GET WILD '89

GET WILD '89

 

 リプロダクションというコンセプトの元、発表済みの曲を外部のアレンジャーにリミックスしてもらった3作品のうちの一つです。

ユーロビートアレンジです。

ライブでお馴染みの「ゲッゲッゲッゲッゲッゲッゲッ GET WILD」が聴けます!

GET WILD DECADE RUN(1999年)

 

GET WILD DECADE RUN

GET WILD DECADE RUN

 再始動にあたって最初に発売された楽曲です。

一番知名度があり、終了宣言前との違いを示しやすいということで選ばれたようです。

GET WILD '89は、最初のバージョンの色合いが強いですが、このDECADE RUNはアレンジやキーが大幅変更されていますし、歌詞にも小室による加筆が行われています。

この後に発表されるものも含め、かなり異質なアレンジです。

 Ger Wild 2015 -HUGE DATA-

Get Wild 2015 -HUGE DATA-

Get Wild 2015 -HUGE DATA-

結成30周年にあたって、1992年の「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」から始まったライブシリーズのうち、「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」で発表されたアレンジです。

2012年 TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-(日本武道館2日間公演)

2013年 TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-(さいたま2日間公演)

2014年 TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end(ツアー公演)

2014年 TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30(ツアー公演)

2015年 TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA(アリーナ公演、さいたまと神戸で2日間×2回公演)

2015年 TM NETWORK 30th FINAL(アリーナ公演2日間)

www.youtube.com

この4年にわたるライブシリーズは、1988年にアルバム、小説、ライブ、アニメ等々と様々なメディアミックスした「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」と繋がっているという壮大なストーリー性のあるものでした。

 

その中で発表されたバージョンですが、11分を超える長い曲でして、始まってから4分は「これなんて曲?」ってぐらい、それまでのGET WILDにはない演奏が延々と続き、そこからやっとGET WILDっぽい演奏が続いたかと思ったら、最後の2分はまた「これなんて曲?」って感じのアレンジです。

違う曲でGET WILDを挟んだような感じですが、かなりかっこよくなっています。

 

数々のアレンジがあるGET WILDですが、上記4アレンジが既出の主だったものになります。

 GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

発売30周年にあたって小室が先行発表したREMIXです。 

まだ購入しておらず、iTunesで少し視聴しただけですが、そう奇をてらったようなアレンジはなされてなさそうです。

www.barks.jp

 

カバーされるGET WILD

 名曲だけあって、様々なアーティストにもカバーされています。

 

Get Wild

Get Wild

  • 玉置 成実
  • J-Pop
  • ¥250
Get Wild

Get Wild

Get Wild

Get Wild

Get Wild

Get Wild

  • Kei Kohara
  • J-Pop
  • ¥150

 そして、小室哲哉が所属するもう一つの音楽ユニットglobeもカバーしています。

Get Wild

Get Wild

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250
Get Wild (Metal Machine mix)

Get Wild (Metal Machine mix)

  • globe
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

TM初期の代表曲のひとつとともにカバーされましたが、ちょうど小室が詐欺事件で逮捕されて、発売予定のシングル・アルバムとかが回収された時期だったので、ファン以外には知られていないと思います。

Self Control(方舟に曳かれて)

Self Control(方舟に曳かれて)

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250

詐欺事件や資金ショートで新曲制作どころでなく、Get Wildのカバーだったらglobeファンだけでなく、TMのファンまで巻き込め、話題性もあるので売れるのでは?と考えたのかなと勘ぐってしまうのですが、楽曲アレンジそのものはいいです。

発表当初の作品は回収されていますが、iTunesや最近のベストアルバムには収録されているので、聞くことができます。KEIKOがまだ闘病・リハビリ中なのでライブでは聴けていませんが、そのうちに生で聴けたらいいなと思います。

 

今年は小室哲哉のソロアルバムの発売など、小室関係の動きが活発になっているようですが、FANKS(TMファンの呼称)としては、そろそろTMの次の活動が見てみたいです。

また、今後も進化し続けるであろうGET WILDも、どうなっていくのか楽しみです。

 

以上、「GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム」にあたっての歴代GET WILDの紹介でした。

X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』を観てきました。

遂に日本公開となったX JAPANドキュメンタリー映画『We Are X』を公開初日に観てきました。

kittan.hatenablog.com

 

観賞まで

アリオ鳳にあるTOHOシネマズ鳳で観賞。

アリオ鳳(話はそれまずが、3月9日にケーズデンキがアリオ鳳にオープンするそうです)

4階へのエスカレーターを上がっていきますと、「TOHO CINEMAS」の看板が見えてきます。

f:id:kittan0509:20170305094219j:image

 チケット発券ブースの横に掛かっている上映映画のボードに、ありました!

「We Are X」のボード。YOSHIKIの直筆サインも入っていました。

直筆サインのものをプリントしたのか、プリントされたものに直接書かれたものなのかは、ボード周辺に近づけなくなっていたので判別つきませんでした。

f:id:kittan0509:20170305094242j:image

グッズ売り場には、サウンドトラックCDのほか、Tシャツやポーチ、トートバック、ボディーステッカーなどのグッズが販売されていました。

この時には気づきませんでしたが、別の棚にてウェンブリー公演のパーカーもあったようです。

f:id:kittan0509:20170305094232j:image

 パンフレットは、レコードジャケットぐらいのサイズで青盤赤盤があります。

サウンドトラックも、海外販売の青盤日本販売の赤版があるので、それに合わせたのでしょう。

悩みましたが、私は青色を購入しました。

写真を撮ろうにも、パンフレットにケースが付いており、それがプラスティック製で反射するので上手く取れませんでした。

多分、そのプラスティック製ケースが、赤なだけで中身は一緒だと思うのですが、パンフレット内のページによってはが基調になっているところがあるので、中身もで分かれているのでしょうか?

赤を購入した方、すみませんが教えてくださいm(_ _)m

「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック

「WE ARE X」オリジナル・サウンドトラック

 

 

WE ARE X SOUNDTRACK(輸入盤)

WE ARE X SOUNDTRACK(輸入盤)

 

 ロビーでグッズを見たりしながらぷらぷらしてたら、10分前のアナウンスがあったので入場。

スクリーン6番でした。

f:id:kittan0509:20170305094258j:image

公開初日とはいえ、レイトショーでしたし、難波ならまだしも鳳なので閑散としているかと思いきや、真ん中の通路より上にそこそこ人がいました。

中には、再結成後のライブで販売されていたジャンボバスタオルやパーカーを着ている人がいましたので、堺近辺のXファンが集まってたという感じでしょうか?

 

いざ、観賞

ここからは若干ネタバレも入りますので、(続きを読む)というふうにします。

続きを読む

「We Are X」本日公開!

X JAPANドキュメンタリー映画「We Are X」が3月3日、本日ついに公開です。

昨年のサンダンス映画祭を始め、海外では公開されていた作品で、2014年のマディソン・スクエア・ガーデンのライブから、バンドの栄光と挫折の歴史を追ったドキュメンタリー映画です。

  •  予告などの動画、サイトの紹介
  • 挫折の繰り返し
  •  オリジナルサウンドトラック
  • 待ちに待った日本公開

 予告などの動画、サイトの紹介

youtu.be

youtu.be

www.toho.co.jp

wearexfilm.jp

 

続きを読む

就活解禁、税理士事務所への新卒採用は有りか無しか!?

3月1日から2018年卒の大学生による就職活動が解禁されました。

 

多くの学生さんが企業に就職を目指すと思うのですが、なかには専門職を目指す学生さんなどはその目指すジャンルの専門職の企業、個人事務所に勤めようと頑張られることでしょう。

結論から書きますが、税理士事務所への新卒入社はお勧めしません。

 税理士事務所に10年勤めた私の経験ですが、個人事務所には特にブラック企業が多いです。

 余程、精神がタフでないと病む可能性が高いです。

  •  職場環境が悪い
    • 繁忙期の残業は諦めましょう
    • ベテラン職員に要注意! 
      • 30歳直前まで野菜洗い?
      • ベテラン職員対策
    • 女性職員が多い事務所も要注意
    • 薄給は当たり前
    • 残業代が反映されない
    • 試験勉強に理解がない
  • どうしても就職するならどういう事務所がいいか?
    • 就業規則の確認
    • 職員の構成比率
    • 試験勉強に協力的か

 

続きを読む