読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きったんのぶろぐ

大阪在住の会社員(30代)が書くブログです。

GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム(仮)

音楽のこと

 

小室哲哉宇都宮隆木根尚登による3人組音楽ユニットTM NETWORK

 

このTM NETWORKの代表曲といえば、一般的にはシティーハンターのエンディングテーマだったGET WILDでしょう。

 

そのGET WILDが最初のバージョンが発売から30周年を迎えるにあたって、30年の間に発表された数々のバージョン、リミックス、計33曲収録したアルバムが4月5日に発売されます。

youtu.be

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)

 

 

 常に進化系

長年活動しているバンドでは、過去の楽曲をアレンジなく演奏している場合や、ボーカルの声域が加齢とともに狭まったり、低くなってコードやBMP(テンポ)を下げたバージョンを歌っている場合が多々あります。

 

ただ、TM NETWORKの場合は、常にその演奏時にリーダー、プロデューサーの小室哲哉が「この時代はこの音だ」と感じているアレンジをしており、過去の楽曲でも最新版にブラッシュアップされています。

 

特にGET WILDはライブでも定番の曲ですが、ツアーごとにどんどんアレンジがされており、一体どれぐらいあるのか熱心なファンでも把握しきれない状態です。

 

そのアレンジされた33曲(石野卓球によるRemixも含む)を集めたアルバムなので、発売が楽しみです。

数々のGET WILD

GetWildとは

作曲は小室哲哉。これは周知のとおりでしょう。

そして、作詞は小室みつ子

苗字は同じ小室ですが、小室哲哉とは血縁も婚姻関係もありません。

たまたま苗字が同じで、TMのデビュー時期に作詞家・シンガーソングライターとして紹介を受け、その後に発表された数々の代表曲の作詞を手がけています。

名盤「CAROL」の制作時には、ロンドンへ移住して制作していたメンバーたちとともにロンドンへ行って制作しており、TMには欠かせないサポートメンバーの一人です。

先述のとおり、一般的には一番知名度があり、最もアレンジ数の多い曲です。

シティーハンターといえば、GET WIID

 TM NETWORKといえばGET WILD

といった感じでしょう。

Get Wild(1987年)

Get Wild

Get Wild

 1987年に発売された最初のバージョンです。

シティーハンターのエンディングで一番お馴染みのものでしょう。

 カラオケなどでも一番歌いやすいバージョンだと思います。

要は、一番シンプルなアレンジ。

GET WILD '89(1989年) 

GET WILD '89

GET WILD '89

 リプロダクションというコンセプトの元、発表済みの曲を外部のアレンジャーにリミックスしてもらった3作品のうちの一つです。

ユーロビートアレンジです。

ライブでお馴染みの「ゲッゲッゲッゲッゲッゲッゲッ GET WILD」が聴けます!

GET WILD DECADE RUN(1999年)

GET WILD DECADE RUN

GET WILD DECADE RUN

 再始動にあたって最初に発売された楽曲です。

一番知名度があり、終了宣言前との違いを示しやすいということで選ばれたようです。

GET WILD '89は、最初のバージョンの色合いが強いですが、このDECADE RUNはアレンジやキーが大幅変更されていますし、歌詞にも小室による加筆が行われています。

この後に発表されるものも含め、かなり異質なアレンジです。

 Ger Wild 2015 -HUGE DATA-

Get Wild 2015 -HUGE DATA-

Get Wild 2015 -HUGE DATA-

 結成30周年にあたって、1992年の「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」から始まったライブシリーズのうち、「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」で発表されたアレンジです。

2012年 TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-(日本武道館2日間公演)

2013年 TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-(さいたま2日間公演)

2014年 TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end(ツアー公演)

2014年 TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30(ツアー公演)

2015年 TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA(アリーナ公演、さいたまと神戸で2日間×2回公演)

2015年 TM NETWORK 30th FINAL(アリーナ公演2日間)

www.youtube.com

この4年にわたるライブシリーズは、1988年にアルバム、小説、ライブ、アニメ等々と様々なメディアミックスした「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」と繋がっているという壮大なストーリー性のあるものでした。

 

その中で発表されたバージョンですが、11分を超える長い曲でして、始まってから4分は「これなんて曲?」ってぐらい、それまでのGET WILDにはない演奏が延々と続き、そこからやっとGET WILDっぽい演奏が続いたかと思ったら、最後の2分はまた「これなんて曲?」って感じのアレンジです。

違う曲でGET WILDを挟んだような感じですが、かなりかっこよくなっています。

 

数々のアレンジがあるGET WILDですが、上記4アレンジが既出の主だったものになります。

 GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

GET WILD 2017 TK REMIX

 発売30周年にあたって小室が先行発表したREMIXです。 

まだ購入しておらず、iTunesで少し視聴しただけですが、そう奇をてらったようなアレンジはなされてなさそうです。

www.barks.jp

 

カバーされるGET WILD

 名曲だけあって、様々なアーティストにもカバーされています。

Get Wild

Get Wild

Get Wild

Get Wild

  • Purple Days
  • J-Pop
  • ¥250
Get Wild

Get Wild

  • 玉置 成実
  • J-Pop
  • ¥250

そして、小室哲哉が所属するもう一つの音楽ユニットglobeもカバーしています。

Get Wild

Get Wild

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250

 TM初期の代表曲のひとつとともにカバーされましたが、ちょうど小室が詐欺事件で逮捕されて、発売予定のシングル・アルバムとかが回収された時期だったので、ファン以外には知られていないと思います。

Self Control(方舟に曳かれて)

Self Control(方舟に曳かれて)

  • globe
  • J-Pop
  • ¥250

 詐欺事件や資金ショートで新曲制作どころでなく、Get Wildのカバーだったらglobeファンだけでなく、TMのファンまで巻き込め、話題性もあるので売れるのでは?と考えたのかなと勘ぐってしまうのですが、楽曲アレンジそのものはいいです。

発表当初の作品は回収されていますが、iTunesや最近のベストアルバムには収録されているので、聞くことができます。KEIKOがまだ闘病・リハビリ中なのでライブでは聴けていませんが、そのうちに生で聴けたらいいなと思います。

 

今年は小室哲哉のソロアルバムの発売など、小室関係の動きが活発になっているようですが、FANKS(TMファンの呼称)としては、そろそろTMの次の活動が見てみたいです。

また、今後も進化し続けるであろうGET WILDも、どうなっていくのか楽しみです。

 

以上、「GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム」にあたっての歴代GET WILDの紹介でした。